これはいいです!泣けます!

仇討の場面に出くわした寒天問屋の和助は、切られた父親をかばおうとする少年を、持っていた店の金の銀二貫で買い取ります。
少年は丁稚となり、松吉と名を変えます。
多くの苦労と人との出会いが松吉を成長させていきます。
はじめは松吉を嫌っていた番頭が最後に言います。
「銀二貫は安うおましたな」