7月5日の日記にも書きましたが、「茶道入門どたばた奮闘記」です。
入門のための手引き書ではなく、小説仕立てで楽しく読みました。